アフターケアまで考える

受話器

盗聴器発見器の機種は、探偵が使用する高度な物から簡易の物までがあります。どれが優れているのか、私たち素人には評価も難しく、高性能な受信機を用いる探偵を利用するものです。というのも、調査できる周波数帯も違い、特殊な盗聴器発見に対応できる・できない差も生じるからです。アナログ盗聴器にはどの探偵も対応できますが、特注となると対応できる業者は一部になります。例えば、広域電波監視業務、通信頻度調査、さらに空間監視など様々な調査を担ってくれる頼りになる特徴があります。また、発見だけで終わりではなく、仕掛けた行為に対する依頼者の気持ちを汲んでくれます。例えば、ストーカー規制法違反、住居侵入罪などが適用されることもあり、警察への被害届を提出する場合には代行してくれます。探偵による盗聴器発見、周りの建物にも盗聴器が仕掛けられていることが分かれば、そこのお宅にも可能性があることを知らせしてくれるのも特徴です。

探偵社によるグレード

盗聴器発見調査のニーズが高まり、探偵を雇う人も増加しています。盗聴器発見が確実である、そうした探偵を選ぶためにはテレビなどのメディアも含めた実績がポイントです。逮捕協力、調査後のアフターケアが万全など、基準は素人目線で携わってくれることです。引越し先のマンションやアパートに仕掛けられている問題から、盗聴器発見のサービスを引越し業者と提携している探偵社もあります。賃貸住宅のほうが盗聴器設置、発見率が高いため、利に適うサービスです。ちなみに、盗聴器発見調査には費用がかかります。選ぶ上で参考になるのは、調査内容です。一般的に調査の料金相場は2万円からですが、グレード設定しているケースが大半です。全ての探偵社を同じものさしで比較しないことも大事です。

撤去のための費用がかかる

盗聴器発見器は、価格相場が10万円台ですが、高額な機器を用いる探偵に依頼することで、自ら購入して調査するよりコスパもいいでしょう。選び方としては、撤去費用が必要なのか、全てコミコミプランなのか、という内容からです。ただ単に盗聴器が仕掛けられているか否か調べるだけならば問題ありませんし、無い場合には謝礼のみで事足ります。しかし、仕掛けられていたのなら、その後先までを考える必要も生じるでしょう。発見されてそのままの状態で生活をする人はまずいません。例えば、コンセントに差し込むタイプと内部に仕掛けるタイプで言えば、見なれないコンセントタップが取り付けられていて盗聴器発見となれば、そのコンセントタップを抜くだけです。内部ならば、電気工事士の資格が必要になりますし、撤去を行うのであれば警察に立会してもらうことも必要になり、そうした別途費がかかります。発見してから先の内容の明瞭さがカギでしょう。

広告募集中